このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

赤崎区の伝統行事「山の神講(かんこ)」が行われました

最終更新日:2018年12月14日

小雨が降る中、元気よく走る子どもたち
小雨が降る中、元気よく走る子どもたち

12月9日、山の神様に感謝する赤崎区の伝統行事「山の神講かんこ」が行われました。
講宿こうやど(新築や改築をした家で世話役を務める家)に集まったのは、同区の小学生6人。上半身裸の白い短パン姿で「ちからめし」と呼ばれるおにぎりを食べた後、山の中にある大日堂に向けて出発しました。
先頭の大将がシトギ(米と酒を混ぜ、すりつぶしたもの)とお神酒を入れた重箱、続く子どもたちがわらで編んだツトを持ち、小雨が降る中、「やーまのかんこのまーつりじゃー」、「そーりゃなーんのまーつりじゃー」と大声ではやしながら、約400mの道のりを駆け抜けました。

大日堂に着くと、子どもたちはツトを松の根元に投げおき、堂内で参拝した後、シトギを顔や体に塗りつけて、白い地蔵の姿に化けます。地蔵に化けるのは、かつて村を荒らしたぬえという怪物の災厄を逃れるためであると伝えられています。
シトギを塗り終えた子どもたちは、道中、区民らの声援を受けながら、講宿に走って戻りました。

大将を務めた森野巧巳たくみ君(赤崎小6年)は無事行事を終えて、「今年は初めて裸足で走った。寒くて、遅れた子もいたけど、みんなで最後まで走り切れてよかった」と笑顔で話しました。

情報発信元

秘書広報課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8100

お問い合わせ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成30年度

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る