このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市長あいさつ

最終更新日:2019年1月11日

敦賀市長 渕上ふちかみ 隆信たかのぶ

こんにちは、敦賀市長の渕上隆信です。

 敦賀市は、市政運営の羅針盤である「敦賀市再興プラン」に基づくまちづくりを進めており、新幹線開業に向けた受け皿づくりや人口減少対策(子育て支援・人材育成等)などの課題解決に向けて、職員一丸となって取り組んでいるところです。

 さて、敦賀市の新たな発展の契機となる北陸新幹線敦賀開業が、2023年春に迫り、市内におきましても、新幹線駅舎や車両基地などの整備が皆様の目に見える形で進められるようになりました。
 敦賀市といたしましても、その受け皿づくりとして、金ヶ崎周辺におきましては、人道の港敦賀ムゼウムの充実に取り組み、他市にない敦賀のオンリーワンの地域資源である人道の港ブランドの確立と市民の皆様のやさしい人柄を受け継ぐ場としての整備を目指してまいります。また、敦賀市の玄関口となる敦賀駅周辺におきましては、立体駐車場や民間資本を活用した宿泊施設や飲食・物販施設などの整備を進め、駅前にふさわしい交流・にぎわい拠点の創出に向けて取り組んでまいります。
 そして、これらの取り組みに加え、魅力ある都市景観の形成を目指し、北陸道総鎮守である氣比神宮の門前町周辺や、本町通りの道路空間の整備に取り組んでまいります。

 新たな産業・エネルギー政策として、長期的な視点に立ち、産業構造の複軸化やエネルギーの多元化を目指す「ハーモニアスポリス構想」の策定に取り組んでいます。今後、市民の皆様が新しい敦賀の発展の息吹を感じることができるよう、市内における民間企業の研究開発の活性化や水素ステーションの実証事業など、新産業の創出や水素エネルギーの活用に向けた取り組みを展開してまいります。

 教育・子育て支援については、学習環境のさらなる充実に取り組むとともに、公立では県内初となる施設一体型小中一貫校「角鹿小中学校」の工事に着手するなど、全市を対象とした小中一貫教育を推進します。
 また、保護者の子育てと就労の両立を支援するため、病気中や回復期の子どもを安心して預けることができる病児・病後児保育施設や松原児童クラブ、第2粟野南児童クラブの整備、そして、10月から始まる幼児教育・保育の無償化に向けて、新制度に対応するための準備を進めるなど、次世代を担う子どもたちが健やかに成長できるよう、引き続き子育て支援サービスの充実に努めてまいります。

 これからも、「市民が主役のまちづくり」を進め、敦賀の再興の実現に向け、全力で取り組んでまいりますので、より一層のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

情報発信元

秘書広報課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8100

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る