このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

常設展示

最終更新日:2017年10月19日

みなと敦賀を彩る歴史と文化

 敦賀は越前の南端、若狭路の東端にあって、北は日本海を擁し、南は山塊を隔てて琵琶湖に近接しています。海岸線が深く入り込む敦賀湾は天然の良港をなし、敦賀の歴史はこの「みなと」とともに、また「みなと」を中心として、語られてきました。
 敦賀市立博物館は近代敦賀港の歴史を背景に成立・発展した大和田銀行の旧本店建物を活用しています。文化財としての修復により、銀行当初のレトロで豪華な雰囲気を取り戻した建物に合わせ、近現代の港の歴史を展示の柱の一つとしました。併せて各時代から歴史コンテンツを選択し通史的に構成。また独自の館蔵資料(美術工芸、民具など)も活用して展示を展開していきます。
 

《一階展示室》 港・敦賀の物語 明治・大正・昭和初期

 大和田銀行引き札銀行らしいカウンター等が復原された一階では、近代敦賀港や鉄道、大和田銀行に関する資料を紹介しています。
 明治14年(1881)に立石岬灯台が建設され、翌15年には鉄道が運行を開始します。港と鉄道の出会いが敦賀の歴史を大きく動かしていきます。国際港として開港、対岸航路の運航、ヨーロッパとアジアを結ぶ国際連絡の一ルートを担い、やがて日本の大陸進出の一拠点ともなって行きます。
 そうした敦賀の賑わいを伝える資料、国際航路に関する資料、また大和田荘七や大和田銀行に関わる資料を紹介しています。

主な展示資料(資料は随時入れ替え、複製への置き換えをいたします)
 立石岬灯台初代レンズ
 越前国敦賀海陸図(複製)
 神戸塩釜間時刻表(複製)
 敦賀県管内町図
 敦賀港鳥瞰図(複製)
 『西伯利亜経由欧州旅行案内』
 大和田銀行引き札(複製)
 大和田銀行印鑑
 大和田貯蓄銀行貯金箱

寄贈記念 大和田荘七肖像画

大和田銀行を創業した二代目大和田荘七の肖像画を公開中です。
会期:9月22日(金曜日)から11月21日(火曜日)

《二階展示室》 みなと敦賀を彩る歴史や文化

 二階展示室は古代から中世、近世末頃までの時代ごとのトピックや資料を通史的に構成して紹介します。
 敦賀に人が住み始めた頃の遺物や弥生時代の生活を物語る土器、古墳の副葬品等をはじめ、古文書や仏画、書籍などを紹介しています。

主な展示資料(資料は随時入れ替え、複製への置き換えをいたします)
 茂呂型ナイフ形石器(野坂一ノ嶽遺跡)
 櫛川鉢谷遺跡出土資料
 木崎山遺跡出土資料(甕・高坏・鉢・赤彩壺)
 衣掛山遺跡群出土資料(製塩土器)
 深山寺経塚出土資料(福井県指定文化財) 
 気比神宮古図(複製)
 嶋教實墓碑

詳しい解説を公開しています。 
敦賀市立博物館常設展解説シート

売仕切(大和田荘兵衛家文書より)
売仕切(大和田荘兵衛家文書より)

おくのほそ道と俳諧関係資料展

芭蕉の杖をはじめ、おくのほそ道関連資料、敦賀の俳諧関係資料を展示しています。
会期:10月19日(木曜日)から12月6日(水曜日)

ゆるキャラ「バショさん」
ゆるキャラ「バショさん」

常設展に展示中の、「敦賀の歴史年表」をダウンロードできます。

《三階展示室》特別公開 菊池容斎筆「関ヶ原合戦図屏風」

三階展示室では、敦賀市立博物館所蔵の近世近代日本画コレクションを中心に展示しています。
今回は、菊池容斎の「関ヶ原合戦図屏風」を特別公開。容斎の大著『前賢故実』も展示しています。
会期:10月19日(土曜日)から11月21日(火曜日)

同時開催

市制施行80周年記念ミニ展示


(注)展示資料や展示期間は予告なく変更する場合があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

博物館

敦賀市 相生町7番8号
電話番号:0770-25-7033
ファックス:0770-47-6131

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る