このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症を予防しましょう

最終更新日:2018年7月19日

熱中症とは

 熱中症とは、高温多湿な環境で徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなることにより、体内に熱がこもった状態を指します。それにより、めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・筋肉のこむら返り・頭痛・吐き気・倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
 熱中症を引き起こす環境条件として、気温のほかにも湿度、風の有無、日差し等が関係しています。
 熱中症は真夏の炎天下で発生しやすいイメージですが、屋内や夜間でも発生しますので、水分を補給するなどで熱中症を予防しましょう。高齢者小児は特に注意が必要です!

予防方法

暑さを避ける

  • 扇風機やエアコンで室温を調節する。
  • 外出時には日傘や帽子を着用する。
  • 日陰を利用したり、こまめな休憩をとる。

こまめな水分補給

  • 室内、外出時に関わらず、こまめに水分・塩分・経口補水液などを補給する。

 (備考)経口補水液とは、水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの。

  • のどの渇きを感じなくても水分を補給する。

少しでも気分が悪くなったら・・・

  • 無理をせず、風通しのよい日陰や、冷房の効いた所に移動する。
  • 衣類をゆるめて、冷たい水で冷やしたタオルなどを脇の下や足の付け根に置き体を冷やす。
  • 水分を補給する。
  • 早めに医療機関を受診する。

万が一に備えて

  • 作業する際は、1人で作業しない。1人で作業している際に熱中症になると、助けてくれる人がいないため重症化する場合があります。
  • 携帯電話等を必ず身につけておく。いざという時の連絡手段として、携帯するようにしてください。 

関連リンク

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

健康推進課

敦賀市 中央町2丁目16番52号
電話番号:0770-25-5311
ファックス:0770-25-5398

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る