このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

農地を転用するときは農地法の許可が必要です

最終更新日:2018年6月12日

許可申請や届出を必ず行ってください

農地を転用し、住宅建築や資材置き場造成などを行う場合は、必ず農地法の許可申請を行ってください。
許可を受けないで転用を行うと「無断転用(違反転用)」として罰せられます。
農地に何らかの手を加える計画があるときは、事前に必要な手続きをご確認ください。
まずは、敦賀市役所 農林水産振興課 農業委員会係までご相談ください。

Q1.農地ってどんなものですか?耕作されていなくても農地ですか?

A.農地とは「耕作に供されている土地」を指しますが、休耕地や不耕作地(耕作放棄地)も農地として扱われます。

Q2.自分の持っている農地を転用するのにも許可がいりますか?

A.自分の所有する農地を転用する場合でも、農地法の許可が必要です
 農地を無断で転用すると、原状回復命令が出されたり、罰金等の罰則が科せられることもあります。

Q3.手続きをすれば、どんな土地でも転用できますか?

A.農業振興地域の整備に関する法律」で定められた農用地区域内の農地は、原則転用できません。
 また、農用地区域以外の農地であっても、計画内容や農地の所在状況によって、転用できない場合があります。
 農地転用の計画がある場合は、事前に農業委員会までご確認ください。

Q4.耕作目的で農地を売買する場合も、許可がいりますか?

A.農地を農地として売買する場合も、農地法の許可が必要です。
 この場合、農地を取得する側に、経営面積などの要件があります。

農地転用許可後には

農地転用許可後に、転用目的通り工事が完了した場合には、農業委員会に「工事完了届」を提出する必要があります。
また、農地転用の許可を得たとしても、登記地目は「農地」のままなので、工事完了後には登記地目の変更も忘れないよう、ご注意ください。

農地の適正な管理をお願いします

休耕田など、保全管理をしていない農地は、火災や病害虫の発生の原因や、不法投棄の場所となる恐れがあり、周辺農地や近隣住民に悪影響を及ぼします。
定期的な草刈りや耕うんを行い、農地の保全管理をお願いします。

情報発信元

農林水産振興課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8130
ファックス:0770-22-8169

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る