このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2012年7月、中池見湿地はラムサール条約湿地に認定されました。

最終更新日:2015年1月29日

 平成24年7月7日に開催されましたラムサール条約第11回締約国会議(ルーマニア・ブカレスト)にて、ラムサール条約湿地認定証が授与されました。

認定証 日本語訳

 ここに、中池見湿地が「国際的に重要な湿地」として認定され、条約第2条1に規定された国際的に重要な湿地に係る登録簿に登録されたことを証明するものである。これは2057番目である。

認定日:2012年7月3日

ラムサール条約事務局長
アナダ・ティエガ(サイン)

ラムサール条約湿地とは

 ラムサール条約の締約国は、自国の湿地を条約で定められた国際的な基準に沿って、条約事務局が管理する「国際的に重要な湿地に係る登録簿」に掲載します。これが「ラムサール条約湿地(Ramsar site)」です。
 なお、中池見湿地は、ラムサール条約湿地国際基準の

「基準1:特定の生物地理区を代表するタイプの湿地、又は希少なタイプの湿地」

「基準2:絶滅のおそれのある種や群集を支えている湿地」

「基準3:生物地理区における生物多様性の維持に重要な動植物を支えている湿地」

を満たしています。

ラムサール条約の特徴は

 湿地は、さまざまな生き物の生息地として重要なばかりでなく、私たちの暮らしを支えている重要な資源です。ラムサール条約は、国際協力によって、湿地の保全とワイズユース(Wise use = 賢明な利用)を進めていくことを目的としています。また、その手段として、交流・学習・普及啓発(Communication,Education and Public Awareness = CEPA)を重視していることが特徴です。

地図

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。つるガイド(外部サイト)

関連リンク

中池見湿地ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省 報道発表(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ラムサール条約の詳細(環境省のホームページ)(外部サイト)

情報発信元

環境廃棄物対策課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8121
ファックス:0770-22-6042

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る