パソコン版サイトを表示

敦賀鉄道資料館

更新日:2023年12月5日

「敦賀鉄道資料館」

鉄道資料館の外観です。
鉄道資料館外観

住所:〒914-0079 福井県敦賀市港町1-25

電話:0770-21-0056

FAX:0770-21-0056
 

 とんがり屋根が印象的な敦賀鉄道資料館(旧敦賀港駅舎)では、敦賀の鉄道の歴史を紹介したパネルや貴重な鉄道資料を展示しています。

 敦賀港は古代より大陸に開かれた玄関口として重要な役割を果たしてきました。
 このことから、明治2(1869)年、日本初の鉄道となる4路線の一つとして、京都-敦賀間の鉄道建設が決定され、明治15(1882)年に日本海側初の線路が敦賀に敷かれました。
 その後、明治45(1912)年に欧亜国際連絡列車の運行が始まり、新橋(東京)-金ケ崎(敦賀)間を直通列車が走り、敦賀港から連絡船でウラジオストク(ロシア)へ、そこからシベリア鉄道でパリ(フランス)まで行くという路線が確立されました。
 さらに、昭和32(1957)年には日本初となる本格的交流電化が完成し、昭和37(1962)年には当時、世界第5位の長さを有する北陸トンネルが開通しました。
 このように、敦賀は「港と鉄道」と共に歩んできた街です。

 敦賀鉄道資料館では、敦賀の鉄道の歴史を紹介する資料や列車模型などを展示しています。また、夜には建物がライトアップされます。

展示内容

1階

  • 実物資料(線路、信号機、投光機、通票閉そく機、他)
  • 鉄道模型(優等列車、敦賀第一・第二機関区、他)
  • 映像(敦賀鉄道物語、よみがえる鉄路のキセキ)

2階

  • パネル(鉄道開通から直流化開業までの間、敦賀を走った列車、他)
  • 複製資料(時刻表、汽車汽船旅行案内、欧亜連絡切符、他)

(備考)展示物の入れ替えにより、記載内容と変更になる場合があります。

利用案内

開館時間

午前9時から午後5時

休館日

水曜日(休日の場合は翌平日)、12月29日から1月3日
(備考)その他、特別な理由(天災など)により臨時休館する場合があります。

入館料

無料

お願い

館内での喫煙、飲食、撮影はご遠慮ください。

アクセス

自動車

北陸自動車道 敦賀ICから車で約10分

バス

  • JR敦賀駅からぐるっと敦賀周遊バス「観光コース」で約10分「金ヶ崎緑地」下車
  • JR敦賀駅からコミュニティバス「松原線」で約8分「金ヶ崎緑地」下車

タクシー

JR敦賀駅からタクシーで約7分

1階の展示風景です。
館内(1階)

2階の展示風景です。
館内(2階)

地図

情報発信元

観光交流課

  • 電話:0770-22-8128
  • ファックス:0770-22-8184