このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

敦賀市立博物館

最終更新日:2019年7月22日

みなと敦賀の古くて新しい博物館です。

住所: 〒914-0062 福井県敦賀市相生町7番8号

電話: 0770-25-7033

FAX: 0770-47-6131

メールアドレスmuseum@ton21.ne.jp

休日:毎週月曜日(月曜日が休日にあたる場合はその翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで) その他臨時に休館する場合がございます。休館日カレンダーをご確認ください。 

入館料:一般300円 団体(20名以上)250円 / 高校生以下無料
障がい者手帳をお持ちの方は手帳をご提示いただきますと、ご本人と付き添いの方1名が無料となります。

敦賀市立博物館外観
敦賀市立博物館外観

敦賀市立博物館とは

 敦賀市立博物館は昭和2(1927)年に竣工した旧大和田銀行本店建物を活用した博物館です。建設当初は北陸初のエレベーターを備え、レストラン、迎賓館、集会場などがあり、銀行でありながら公共性を兼ね備えた昭和初期の貴重な銀行建築の一例、また港町敦賀の歴史を象徴する近代建造物でもあります。
 平成24年より3年に及ぶ文化財修復工事を終え、平成27年7月4日にリニューアル・オープンいたしました。
 おかげさまで平成29年、建物(旧大和田銀行本店本館)は国の重要文化財に指定されました!
 レトロで趣ある建物と共に、年1回の特別展をはじめ、敦賀の豊かな歴史文化を物語る資料や美術工芸作品などを順次展示替えし、その時々の展示をお楽しみいただけます。

2019年度の展覧会

夏休み自由研究企画展 「敦賀の祭り」 

[会期] 令和元年7月20日(土曜)から9月8日(日曜)
[休館日] 8月12日・9月2日を除く月曜日・8月13日(火曜) 
[趣旨] 敦賀市内には特徴ある伝統のお祭りがいくつも残されています。それらの多くは「ムラ」と呼ばれた地区単位で行われました。周辺の地区で似通った特徴を持っていることも多いですが、全く同じ祭りは一つもありません。全国的に見て珍しいお祭りもあります。今回の展示では、こうした敦賀の伝統の祭りの数々を紹介し、全体的に眺めてみたいと思います。敦賀の地域性が見えてくるでしょうか。理解が深まることで、継承に繋げていく可能性も見えてくるかもしれません。また祭りという伝統文化を地域学習の素材としてお示しできないか、これも今回の目標です。
[紹介する主なお祭り]
ハラタノス(色浜)/西町の綱引き/野坂だのせ祭り/初午祭(山)/春祭り・秋祭り(刀根)/沓見御田植祭/白城神社例祭/総参祭/獅子舞(赤崎)/相撲甚句(阿曽)/恵美須神社のせんべい焼/霜月祭り(白木)/山の神講(赤崎)

関連行事

展示解説
7月20日(土曜)・8月12日(月曜)・8月18日(日曜)・9月1日(日曜) 
各日11時から/13時から
場所 敦賀市立博物館

みなとつるが山車会館バックヤードツアー
8月18日(日曜) 9時30分から/10時30分から
場所 みなとつるが山車会館

夏休み自由研究企画展「敦賀の祭り」のチラシデータ(PDF)です。

特別展 『おくのほそ道』330年の旅 (詳細後日)

[会期] 令和元年9月13日(金曜)から10月20日(日曜) 36日間
[休館日] 9月30日(月曜)、10月7日(月曜)
[内容] 松尾芭蕉が『おくのほそ道』の題材とした東北北陸行脚の旅より330年を記念して、敦賀に残る所縁の資料と敦賀の俳諧人による芭蕉顕彰の足跡などを紹介します。

臨時休館のお知らせ

展示替え作業・館内燻蒸のため休館いたします。
7月18日(木曜)・19日(金曜)、9月10日(火曜)から12日(木曜)まで、10月22日(火曜)・23日(水曜)

常設展「みなと敦賀を彩る歴史と文化」

1階展示室 港・敦賀の物語(明治・大正・昭和初期) 

 1階展示室では、近代の敦賀港や鉄道、大和田銀行に関する資料を紹介しています。

臨時コーナー 「国際港敦賀からオリンピックへ」

 NHK大河ドラマ『いだてん』第9回(平成31年3月3日放送)で、主人公の金栗四三たちが敦賀港から船でウラジオストクへと向かう場面がありました。背景に使われた敦賀港の映像は、当館所蔵の古写真を参考にVFX(視覚効果)で制作されたものです。そこで、当館所蔵の敦賀港の古写真をはじめ、関連資料を展示しております。

常設テーマ展「敦賀開港120年」

敦賀港開港120年を記念し、敦賀港開港および築港について関連する資料を展示して紹介します。

2階展示室 みなと敦賀を彩る歴史と文化

 2階展示室では、古代から近世末頃までの敦賀の歴史をトピックごとに取り上げて紹介しています。

3階展示室 館蔵美術展示

敦博が所蔵している美術資料をテーマを変えて順次公開しています。
テーマ 「小旅行 絵画でめぐる名所」(6月18日から7月17日まで)

常設展示内容の詳細については、こちらの常設展示ページをご覧ください。

博物館収蔵品データベースを開設しました!

 永らくお待たせいたしました。敦賀市立博物館の「収蔵品データベース」をこの度開設いたしました!
当館所蔵の日本画をはじめとした美術資料や、歴史資料(古文書類、古写真など)、民俗資料等々、様々な資料をご覧いただけます。ぜひ当館の幅広いコレクションをご覧ください。
敦賀市立博物館収蔵品データベース外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://jmapps.ne.jp/tsuruga/(外部サイト)
ご利用になりたい方は、上記のリンクからデータベースのページへアクセスください。

博物館のイベント情報

記念撮影なんていかがですか?

 レトロが魅力の当博物館は、リニューアル以来、建物は何処でも撮影が可能となっております。入館料をお支払いの上、いくつかのルールを守って頂ければ、金庫前や大理石の階段、貴賓室や3階講堂のステージで記念撮影もできます。レトロな博物館で記念の一枚を残して下さい。(注意事項は窓口でご確認ください)

2019年度 博物館年間計画

敦賀市立博物館の2019年度年間展示計画がご覧いただけます。(PDFファイル)

ご来館の際のお願い

 敦賀市立博物館は昭和2年竣工の文化財建造物です。完全なバリアフリーではありません。お身体の不自由な方で、介護者不在の方や不安のある方はどうぞ事前にお問い合わせ下さい。
[設備等]
 エレベーター
 ユニバーサルトイレ
 車いす用スロープ(必要時に設置します。お声掛けください)
 駐車場(普通車15台)
 (備考)満車の場合もあります。公共交通機関をご利用下さい。

ご利用案内

開館カレンダー

博物館施設利用について

博物館の地下にレファレンスルームを開設しました!

当館発行の図録や研究紀要をはじめ、敦賀に関する図書資料をご覧いただけます。敦賀についてより深く知りたい方はぜひご利用ください。そのほか、お調べのことがあれば職員におたずねください。

詳細は以下のページをご覧ください。
博物館レファレンスルームについて

博物館の3階講堂と地下室を貸出しています。

博物館の3階講堂や地下室を文化的活動にご利用いただくことができます。
利用方法の詳細、予約方法については以下のページをご覧ください。
博物館施設利用について

博物館(旧大和田銀行本店建物)修復の道のり

博物館復原だよりをご覧いただけます。
博物館(旧大和田銀行本店建物)修復の道のり

博物館&山車会館ソーシャルネットワーク

敦賀市立博物館&みなとつるが山車会館では両館の行事事を広く情報発信するため、ソーシャルネットワーク(SNS)を活用しています。

【twitter】外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://twitter.com/ton_hakuyama(外部サイト)
【Facebook】外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.facebook.com/ton.hakuyama(外部サイト)
【YouTube】外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.youtube.com/user/TonHakuYama(外部サイト)

「いいね!」、フォローよろしくお願いします!

地図

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

博物館

敦賀市 相生町7番8号
電話番号:0770-25-7033
ファックス:0770-47-6131

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る