このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

敦賀市立博物館

最終更新日:2018年9月19日

みなと敦賀の古くて新しい博物館です。

住所: 〒914-0062 福井県敦賀市相生町7番8号

電話: 0770-25-7033

FAX: 0770-47-6131

メールアドレスmuseum@ton21.ne.jp

休日:毎週月曜日(月曜日が休日にあたる場合はその翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで) その他臨時に休館する場合がございます。休館日カレンダーをご確認ください。 

入館料:一般300円 団体(20名以上)250円 / 高校生以下無料
障がい者手帳をお持ちの方は手帳をご提示いただきますと、ご本人と付き添いの方1名が無料となります。

敦賀市立博物館外観
敦賀市立博物館外観

9月20日(木曜日)・21日(金曜日)は特別展展示替えのため臨時休館いたします。

敦賀市立博物館とは

 敦賀市立博物館は昭和2(1927)年に竣工した旧大和田銀行本店建物を活用した博物館です。建設当初は北陸初のエレベーターを備え、レストラン、迎賓館、集会場などがあり、銀行でありながら公共性を兼ね備えた昭和初期の貴重な銀行建築の一例、また港町敦賀の歴史を象徴する近代建造物でもあります。
 平成24年より3年に及ぶ文化財修復工事を終え、平成27年7月4日にリニューアル・オープンいたしました。
 おかげさまで平成29年、建物(旧大和田銀行本店本館)は国の重要文化財に指定されました!
 レトロで趣ある建物と共に、年1回の特別展をはじめ、敦賀の豊かな歴史文化を物語る資料や美術工芸作品などを順次展示替えし、その時々の展示をお楽しみいただけます。

常設展「みなと敦賀を彩る歴史と文化」

1階展示室 港・敦賀の物語(明治・大正・昭和初期)

 1階展示室では、近代の敦賀港や鉄道、大和田銀行に関する資料を紹介しています。

[常設テーマ展]近代敦賀港と大和田荘七

 幕末明治福井150年博関連事業として、近代敦賀港の発展に貢献した大和田荘七の事跡を紹介しています。
 4月26日(木曜日)から11月30日(金曜日)まで

2階展示室 みなと敦賀を彩る歴史と文化

 2階展示室では、古代から近世末頃までの敦賀の歴史をトピックごとに取り上げて紹介しています。

[次回予告]秋の特集展示「西福寺古文書の世界」

 会期 平成30年10月25日(木曜日)から11月29日(木曜日) 休館日は毎週月曜日

3階展示室 館蔵美術展示「月夜の美 四条派が描く夜の世界」(9月19日まで)

 3階展示室では、当館所蔵の美術資料を展示しています。

展示内容の詳細については、こちらの常設展示ページをご覧ください。

平成30年度特別展 幕末明治福井150年博「水戸天狗党敦賀に散る」

幕末、尊王攘夷を訴え水戸から敦賀までやってきた天狗党の人々は、ここ敦賀で捕らえられ350余名が処刑されました。
国の未来を思い、自ら考え、日本中を闊歩しはじめた志士たちを支え、明治維新への原動力となった尊攘思想の中心地で、一体何がおこり、何故彼らは行軍し、この地で処刑されたのか?
この特別展では敦賀に残された数々の資料をはじめ、各地に残る貴重な天狗党関連資料を紹介し、その事跡を辿ります。
この特別展は「幕末明治福井150年博」の関連事業として開催します。

会期 9月22日(土曜)から10月21日(日曜)まで
休館日 10月1日(月曜)、15日(月曜)

関連行事

(1)記念講演会「天狗党と徳川慶喜」
開催日 9月23日(日曜日)
時間 13時30分から
定員 50名(申込不要・先着順)
参加費 無料(要入館料)
講師 由波俊幸氏(茨城県立江戸崎総合高等学校 教諭(元茨城県立歴史館主任学芸員) )
共催 気比史学会

(2)記念講演会 「「水戸烈士」の呼称と松原神社例祭」
開催日 10月13日(土曜日)
時間 13時30分から
定員 50名(申込不要・先着順)
参加費 無料(要入館料)
講師 岩立将史氏(公益財団法人徳川記念財団 学芸員)
共催 気比史学会

(3)展示解説会
開催日 9月24日(月曜日)、10月14日(日曜日)
時間 13時30分から
参加費 無料(要入館料・申込不要)
解説 当館学芸員

敦賀市立博物館平成30年度特別展のチラシです。

幕末明治福井150年博公式ページ
幕末明治福井150年博公式ページ

博物館のイベント情報

吉継カフェスペシャル 「大谷吉継と島左近」

特別公開 菊池容斎筆「関ヶ原合戦図屏風」 関連企画として、特別講演会を開催いたします。
講師:奈良大学教授(前敦賀市立博物館館長)外岡慎一郎氏
日時:10月27日(土曜) 13時30分から
定員:50名(先着順・申込不要)
会場:敦賀市立博物館3階講堂
料金:入館料300円(高校生以下無料)
詳細はこちらをご覧ください。
特別公開 菊池容斎筆「関ヶ原合戦図屏風」

敦賀市立博物館 展示・行事案内 PDFダウンロード

敦賀市立博物館の展示・行事案内をダウンロードいただけます。

記念撮影なんていかがですか?

 レトロが魅力の当博物館は、リニューアル以来、建物は何処でも撮影が可能となっております。入館料をお支払いの上、いくつかのルールを守って頂ければ、金庫前や大理石の階段、貴賓室や3階講堂のステージで記念撮影もできます。レトロな博物館で記念の一枚を残して下さい。(注意事項は窓口でご確認ください)

臨時休館・臨時開館のお知らせ

 くん蒸作業、および展示替え作業にともない、以下の日程で臨時休館いたします。
ご理解とご協力をお願い申し上げます。

臨時休館日
9月4日(火曜日)から7日(金曜日)まで
9月20日(木曜日)、9月21日(金曜日)
10月23日(火曜日)、10月24日(水曜日)

以下の日程を臨時開館いたします。
9月3日(月曜日)、9月25日(火曜日)、10月9日(火曜日)

展示替え作業のため、以下の日程で一部展示室を閉鎖いたします(博物館は開館しております)。ご理解とご協力をお願いいたします。

7月31日(火曜日)、11月30日(金曜日)



ご来館の際のお願い

 敦賀市立博物館は昭和2年竣工の文化財建造物です。完全なバリアフリーではありません。お身体の不自由な方で、介護者不在の方や不安のある方はどうぞ事前にお問い合わせ下さい。
[設備等]
 エレベーター
 ユニバーサルトイレ
 車いす用スロープ(必要時に設置します。お声掛けください)
 駐車場(普通車15台)
 (備考)満車の場合もあります。公共交通機関をご利用下さい。

ご利用案内

開館カレンダー

博物館施設利用について

博物館の3階講堂と地下室を貸出しています。

博物館の3階講堂や地下室を文化的活動にご利用いただくことができます。
利用方法の詳細、予約方法については以下のページをご覧ください。
博物館施設利用について

博物館(旧大和田銀行本店建物)修復の道のり

博物館復原だよりをご覧いただけます。
博物館(旧大和田銀行本店建物)修復の道のり

博物館&山車会館ソーシャルネットワーク

敦賀市立博物館&みなとつるが山車会館では両館の行事事を広く情報発信するため、ソーシャルネットワーク(SNS)を活用しています。

【twitter】外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://twitter.com/ton_hakuyama(外部サイト)
【Facebook】外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.facebook.com/ton.hakuyama(外部サイト)
【YouTube】外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.youtube.com/user/TonHakuYama(外部サイト)

「いいね!」、フォローよろしくお願いします!

地図

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

博物館

敦賀市 相生町7番8号
電話番号:0770-25-7033
ファックス:0770-47-6131

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る