このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)にご注意ください!

最終更新日:2019年2月21日

麻しんは、関西地方で患者数が増加しています。
風しんは、全国で患者数増加しており、福井県においては2月に入り5件発生しています。
今後流行が懸念されますので、注意しましょう!

麻しん(はしか)とは

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症です。
感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強いと言われています。
潜伏期間は10日から12日で、その後発熱や咳、鼻水等の症状(カタル症状)が現れます。

麻しんを疑う場合は、事前に医療機関へ電話で麻しん感染症が疑われることを伝え、医療機関の指示に従って受診してください。

風しん(三日はしか)とは

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。
感染経路は、飛沫感染で、その感染力は非常に強いと言われています。
潜伏期間は2から3週間で、その後発熱や発疹、リンパ節の腫れ等の症状が現れます。

風しんを疑う場合は、事前に医療機関へ電話で麻しん感染症が疑われることを伝え、医療機関の指示に従って受診してください。

予防方法

麻しん、風しんは感染力が非常に強く、手洗いやマスクのみで予防はできません。
麻しん・風しんの効果的な予防方法は、ワクチンの接種です。

関連情報

情報発信元

健康推進課

敦賀市 中央町2丁目16番52号
電話番号:0770-25-5311
ファックス:0770-25-5398

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る